[吉祥寺 サーフィン]ボードデザインの奥行を持たせる「THUNDERBOLT Technolgies」のテクノロジー

2019.10.01

こんばんは!

思い返せば、サーフボードの記事を書くのが久しぶりとなっていましたが、。。。。

今回は

”サンダーボルト・テクノロジー”の特徴を持った仕上げ方法・素材について言及していきます。

お浚いとして、

サンダーボルト・テクノロジーの大きな特徴とは(以下の写真のように)PVCを薄く圧着させ、しなりにくいEPSフォームにねじれと粘りを持たせることを可能にし、

さらに、このねじれによってよりしなやかなボードとなっていき、最終的にはより軽く、そして耐久性も併せ持ちながらも大きなターンの伸びの変化を実感できる革新的な技術の総称となっています。

その凄さは素材の開発にも現れていて、

最終的な仕上げを変えることで同じボードでも異なる特性を持ち、乗り手の好みに合わせてセレクションできる面白みさえ備えています。

先ずはカラーファイバーで仕上げた"MINI"

静電気で圧着したカラーファイバーに特殊な粉を混ぜ、質量を落としながらも見た目のいぶし銀さと粘りのある仕上がりとなっています。

そしてこちらが、

グリーンのカラーファイバーを使った”Quong”

個人的には最強のミドルレングスと位置づけしている一本をまた味のある仕上がりに。

そして、日本人が開発した繊維”カーボン”を使った

”BRUSHED CARBON”仕様のミニは極限まで軽くさせたカーボンのボトムと粘りのあるデッキで異素材で構成されています。

持った感じは軽すぎてと”ふぁっ”としますよ 笑

最後の紹介となるのは

”テキサリウム・カーボン”

見た目から分かると思いますが、蒸着されたアルミのファイバーにカーボンをボトムに使った仕様。

アルミの振動性を抑える特性が乗っていて、非常にナチュラル。

そして、適度な軽さも売りの一つ。

見た目の違和感さえ、払拭出来たら、最高の乗り味へといざなってくれます。

税率が10%となってしまいましたが、

それでもサーフィンの面白さは変わりません

是非ボードの購入を検討して頂き、新たなステージを開拓してみて下さい。

問い合わせは以下↓↓

オッシュマンズ 吉祥寺 

住所: 〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目11-2

  • 電話: 0422-28-7788

担当: 佐山


店舗情報

Tel.

営業時間: