OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



次の10件

アンダー1万円でコスパも抜群な【SUNSKI】のサングラス!

2017.07.19

2012年、カリフォルニア州のサンフランシスコで設立された【SUNSKI(サンスキー)】。素材は全て環境問題に対して配慮したものを使い、高い機能性とデザイン、コストパフォーマンスに優れた作りで、次世代ブランドとして現在人気急上昇中。今回はそんな【SUSKI】の新作から、特に夏らしいモデルをご紹介!

丸みを帯びたポップなデザインが人気のボストン型

丸みを帯びたポップなデザインで、男女問わず人気となっている[DIPSEAS]。軽量で柔軟性に優れるポリカーボネートのフレームに、カラーミラーのポラライズドレンズを組み合わせている。キャンプやフェス、サーフィンから冬は雪山まで、1年を通して活躍してくれる逸品。カラーは3カラー。


カラーフレームで夏の強い日差しにも合いそうな[FROSTED/SKY]。


エメラルドグリーンのレンズとべっこう柄のフレームで街でも映える[TORTOISE/EMERALD]。


合わせるスタイルを選ばず、1本持っておいて間違いのない[BLACK/GOLD]。


箱はプラスチックではなく紙の箱製。環境問題に配慮する同ブランドらしい。全ての商品にはマイクロファイバー製のキャリングケースも付属する。

定番のウェリントンタイプもおすすめ

アイウェアの定番として、流行関係なく着用できるウェリントンタイプ[HEADLANDS]。シンプルで多くの日本人の顔型にも似合う形なので、1本持っておいて間違いなし。


上記の[DISPEAS]同様、軽量で柔軟性に優れるポリカーボネートのフレームに、カラーミラーのポラライズドレンズの組み合わせ。テンプル部分にロゴが入る。

特にこれからのシーズンは紫外線が強く、外遊びでもサングラスが欠かせない。様々なシーンで活躍してくれ、コストパフォーマンスも抜群な【SUNSKI】に注目してはいかがだろう。

レディースサーファー目線のこだわりが詰まった【ROIAL】別注のOCEAN BEACH SERIES

2017.06.22

WAVE SHELL柄をあしらったラッシュガードに注目!

レディースサーファーが本当に着たいと思えるアイテムを揃えた、オッシュマンズによるオリジナルの[OCEAN BEACH SERIES(オーシャンビーチシリーズ)]。今回は人気ブランド【roial(ロイアル)】とタッグを組み、お馴染みのWAVE SWELL柄をあしらったラッシュガードをリリース! 細かいディテールやギミックを備え、女性目線ならではのこだわりが詰まった逸品が出揃った。サーフィンはもちろん、ビーチやリゾートなどにもおすすめだ。

ゆったりとしたボックスシルエットでリラックス感も抜群!

ボックス型で身幅も広く、ゆったりとしたシルエットになった[RASH TEE]。水着の上から羽織ると丁度ビキニが見える絶妙な丈感も◎。

ポケットにはOCEAN BEACHシリーズならではのウェーブ模様をシンプルに配置。

袖の後ろ部分にはパームツリーをプリント。夏気分たっぷりのデザインに。

着丈の調整ができる機能派タンク

シンプルにタンクトップとしてはもちろん、ワンピースとしても着用できる[RASH TANK]。

roial×OCEAN BEACH SERIESのプリントは裏面に入る。コラボモデルならではの仕上がりに注目。

サイドはシャーリングになっており、紐を引っ張ることで着丈の長さを調整可能。好みの丈で着用できるので、アクティブに動きたい時などに便利。

OCEAN BEACH SERIESのオリジナルキャップも登場

オッシュマンズのオリジナルである[OCEAN BEACH SERIES]のオリジナルキャップ[SURF CAP]。同シリーズのアイコンであるWAVE SWELL柄がワッペンのように配置されたデザインが見所。

サイズはスナップボタンで調整するタイプ。ヘアゴムに通しておけば、海で帽子が脱げても飛んでいかず安心だ。パームツリーの刺繍も後ろにレイアウトされている。

さらにあご紐もついているので、サーフィンなどのアクティブなシーンでも安心して着用できる。マリンスポーツはもちろん、山登りやキャンプ、フェスなどにもおすすめ。

女性目線から、細かい部分にまでこだわって作られた今回のアイテム。実際に着用してみることで、そのこだわりを体感してほしい。

レザーサンダルの代名詞! ワンシーズンで終わらない【RAINBOW SANDAL】

2017.06.09


試行錯誤の末に完成した、長年履き続けられるレザーサンダル

1975年創業、カリフォルニアのサンダルブランド【RAINBOW SANDAl(レインボー サンダル)】。修理、再利用でき、リサイクルできる製品を提供することをモットーにモノ作りを続け、現在では何年履いても壊れないサンダルとして世界中で認められている。

これからサンダルが活躍するシーズン。快適で長持ちするサンダルを探すなら、この【RAINBOW SANDAL】が鉄板。ビーチサンダルはワンシーズンで使い捨てられがちだが、自分の足に馴染んだものをずっと履き続けることで愛着も湧くはずだ。

シンプルだからこそ、デニムやショーツとの相性も抜群!

世界で一番良いサンダルを作るために試行錯誤の末に完成したレザーサンダル。フットベッドに本革レザーを使い、耐久性と高級感を兼ね備えているのが特徴だ。プレミアムヌバックレザーを使った[PREMIER LEATHER SINGLE LAYER]は足入れ感も抜群で、デニムやショーツとの相性も抜群。


鼻緒にはパラシュートを作る糸をが使用され、900kgの重さにも耐えられる耐久性を備えている。ストラップに取り付けられたお馴染みのレインボータグもアクセントに。


一枚の中底とアーチ・サポートは、ノン・スリップのレインボー底材に三度の糊付けにより 接着。最大限耐久性が高められ、歩きやすさも申し分なし。

スタンダードなクラシックレザー・サンダル

クラシックレザーを使った[CLASSIC LEATHER SINGLE LAYER]。装飾を抑えたシンプルなルックスとカラーリングはそのままに、アーチサポート付きで歩行性能も◎。経年変化も楽しみ。

レディースモデルも充実!

レディースモデルの[PREMIER LEATHER SINGLE LAYER]。メンズモデルと比べやや細身に仕上げられているのが特徴。


鼻緒のレザーが細くなっている[PREMIER LEATHER SINGLE LAYER NARROW]]。よりスマートな印象で、街履きにも最適。鼻緒が細いからといっても耐久性は申し分なし。

レザーサンダルの代名詞【RAINBOW SANDAL】。シンプルだからこそどんな洋服にも合わせやすく、耐久性も抜群なので長く履ける。一度履くと、きっと手離せなくなるはずだ。

Back to 80′s! 夏のスタイリングに取り入れたい【FREESTYLE】のサーファーズウォッチ

2017.06.02

1981年にアメリカ、カリフォルニアで誕生した【FREESTYLE(フリースタイル)】。防水機能を備えてタフ、さらに価格も安くてカラーも豊富とあり、80年代にカリフォルニアのサーファーや若者たちの間で大流行。サーファーズウォッチの代名詞的な存在として、今なお世界中にファンをもつブランドだ。

そんな【FREESTYLE】が一番最初にリリースしたモデルであり、代名詞的な存在となるのが今回ご紹介する[SHARK]だ。ネオンカラーを取り入れたポップなカラーリングやシンプルなデザインは今見ても新鮮! ぜひ今夏、スタイリングのポイントに取り入れてみてはいかがだろう。

シンプルかつオールドスクールなスタイルは今見ても新鮮!

バツグンな人気を誇るCLASSICシリーズのシリコンバンドモデル[SHARK CLASSIC SILICONE]。100m防水、アラーム、デュアルタイム、カウントダウンタイマー、クロノグラフ、ナイトビジョン、ハイドロプッシャーなどサーファーに必要な機能性を全て備えながら、買いやすい価格も見所の一つ。


カリフォルニア州旗からデザインが落とし込まれたロゴ。ワントーンのカラーでシンプルに。

クリップ式のバックルで着脱も容易な人気モデル

[SHARK]ブームで一躍有名になったモデル[SHARK CLIP]。シンプルなスタイルで気軽に着けられるので、ラフなTシャツ&ショーツスタイルに合わせても雰囲気あり。上記のCLASSICシリーズ同様機能も充実。


こちらもカリフォルニア州旗を落とし込んだロゴが入る。


片手で容易に着脱、調整が行えるクリップ式バックル。サーフィン時はもちろん、街でも嬉しい機能だ。

NYのアパレルブランドとのコラボモデル

NYのアパレルブランド【VICTORY PRESS(ビクトリー プレス)】とのコラボレーションモデル[SHARK VICTORY PRESS]。シティとサーフの出会いにより、オールドスクールかつノスタルジックな1本に。

コラボモデルらしくVICTORY PRESSのロゴがあしらわれている。ヒッピーなムードも漂うタイダイ柄も新鮮。


バンドはベルクロ式で手首にしっかりとホールド。クイックな着脱、調整も可能だ。

SHARKブームの火付け役となったモデルを現代風にアレンジ

80年代にSHARKブームの火付け役となった[SHARK LEASH]を復刻し、現代風にアレンジした[SHARK LEASH TINTED]。多彩な機能性、スタイルはもちろん、80′sを感じさせる小さめのボディやカラフルなデザインも魅力的。バンドはベルクロ式で手首にしっかりとホールドしてくれる。

多彩なカラーバリエーションも魅力の一つ。オッシュマンズでは3カラーで展開。

ケースの透明感ある仕様がとても涼し気。夏の日差しに映える1本は男女共におすすめだ。

80年代に一世風靡した【FREESTYLE】の[SHARK]。今の気分にもピッタリの温故知新な1本を、今夏手にしてみてはいかがだろう。

ビーチはもちろん街でも着れる、ROIAL × OSHMAN’SのハイブリッドなサーフTEE

2017.05.10

【roial(ロイアル)】は、元プロサーファーらの手によって立ち上げられたブランド。カリフォルニアのローカルに囲まれ、アクションスポーツとアパレルをクロスオーバーさせた新しいスタイルを提案している。

今回、そんな【roial】にオッシュマンズが別注したのは、ビーチのみならずアウトドアやタウンでもシーンを選ばず着用できるサーフTEEだ!

ビーチのみならず街着としても優秀な1枚に!

ビーチでの着用はもちろん、アウトドアやタウンでもシーンを問わず着用できるハイブリッドTシャツ[SURF TEE<SLIDE AWAY>。街着として着用できるシルエットを採用し、素材もいわゆるラッシュガードより厚手になっている。


<SLIDE AWAY>とは、人のいないポイントで良い波に出会えることをメッセージとして込めている。


裾に小さなコインポケットをつけることでホテルのルームカードキーやコインなどを入れておける仕様に。手ぶらでビーチやプールサイドに行ける、リゾートにもぴったりな1枚だ。


こちらはレディースモデル。メンズに比べて若干シルエットが細く、裾も短くなっている。

シーンを選ばず、ビーチから街をクロスオーバーで着用できるサーフTEE。1枚持っておくと重宝すること確実だ。

ページトップへ

ユーズドデニムを再構築して作られる【LETTERS】のボードケース

2017.04.07

古着ならではの傷や自然な汚れ、日焼けで色褪せてしまった生地、それら全てをLETTERS=手紙と解釈し、ハンドメイドで世界に唯一のケースを作りあげる【LETTERS(レターズ)】。

普通のパッチワークでは出せない風合い、温かみが最大の特徴であり、これを持てば海に行く時のテンションもあがるはず!

ユーズドデニムを再構築したオンリーワンのボードケース


ユーズドデニムをリメイクして、一つ一つハンドメイドにて作られるボードケース[SurfBoard Bag]。使用するデニムの風合いを大切にしているため生地自体にナチュラル感があり、二つとして同じものがない代物。オルタナティブボード用、ミドルボード用、ロングボード用の3種類を用意。ロングボード用では実に10本以上のデニムが使われているという。


ノーズ部分はアソート仕様となっており、レザーやスウェード素材が使われている。このあたりの素材感も面白い。


ポケットはそのまま残し、アクセントして使われている。


ミミやアウトシームといったデニムならではのディテールもそのまま残されており、風合いも◎。かなりの手間がかけられ、全てのアイテムで味と表情が異なる、まさに唯一無二のアイテムといえる。

小物入れとしても使えるフィン型アクセケース


こちらも全てユーズドデニムをリメイクしてハンドメイドで作られる[Accesory Case]。面と裏で異なるデニム生地が使われている。そのままフィンケースとして使うのはもちろん、ちょっとした小物ケースとして使ってもお洒落。


それぞれにユーズドデニムならではの表情と味があり、使い込むことによってさらに風合いが変化していく。

世界に2つとして同じものがない【LETTERS】のボードケース。これなら愛着を持って長く使えること間違いなしだ。

2017 S/S オッシュマンズ恒例【WET SUITS ORDER FAIR】がスタート!

2017.03.21


オッシュマンズで恒例の人気企画[WETSUITS ORDER FAIR]、2017年春夏が3月17日からいよいよ早期受注会をスタート!

今季はオーダーフェアに合わせて厳選した7ブランドでオッシュマンズコラボレーションを展開。長いリレーションシップを元に信頼を築き上げてきたブランドとだからこそできる、コストパフォーマンに優れたモデルがラインナップ。オッシュマンズでしかオーダーできないモデルとなっている。また、今季はスタンダードモデル、UPグレードモデル、プレミアムモデル、クラシックモデルの4ラインを展開。

さらにプレミアムモデルはNONジップタイプ、バックジップタイプ、ネックエントリータイプより選択可能。オッシュマンズコラボレーション企画のなかから、自分のサーフィンスタイルに合った長く付き合えるウェットスーツを見つけだしてはいかがだろう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

“こんなのあったらいいのに”を形にしたオッシュマンズオリジナルモデル
SURF KITシリーズ

ウェットスーツよりもスタイリッシュに、だけど海でもきちんと使用できる機能性を備えて、サーフィンの道具として使用できるものをコンセプトに展開する[SURF KIT シリーズ]。

昨年はダブルのライダースをベースにLS JKTを提案。今季は同じコンセプトながら、よりスタイリッシュに、多くのサーファーに着てもらえるようシングルのライダースをベースにした[Long Sleev ライダースジャケット2 シングルタイプ]。ダブル仕様のモデルもあり、両方同じ価格でオーダー可能。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オッシュマンズ女性スタッフ考案による女性のためのシリーズ
OCEAN BEACHシリーズ

OCEAN BEACHシリーズは2015年SSからスタートした、オッシュマンズ女性スタッフ考案による女性のためのウェットスーツのシリーズ。女性ならではのアイディアが詰まり、美的感覚もしっかりフォローされたオリジナルモデル。

No.1

流行りのフロントジップファスナーをロングスリーブスプリングで展開した[Frontz Zip Long Sleev スプリングスイムカット2]。今回はスイムカットにすることで見た目も可愛らしく、足の日焼け跡が目立たない仕様に。

No.2

人気モデルの[HOLTER NECK ロングジョン]をリニューアルした[HOLTER NECK ロングジョン2]。上半身のシルエットを前モデルより細身に改良し、トップを締めつけることができる紐をつけることで水の侵入を抑えた。デザインも一新され、新しいロングジョンとしてリリース。

No.3

ロングジョン同様に今季リニューアルされた[HOLTER NECK ショートジョンスイムカット]。上半身のシルエットを細身にして水の侵入を抑え、デザインも一新。スイムカットなので夏に1枚で着るのはもちろん、ジャケットと合わせても◎。ジャケット+サーフパンツだと気になるお腹への水の侵入も防ぐことができ、気になる日焼けあとも目立ちにくくなるなど女性に嬉しい機能が満載。

この他にも昨年好評だったサーフパンツシリーズではデザインをマイナーチェンジ。切り返しの位置を少し上にあげ、股マチが昨年より少し深く見えるデザインへ変更されている。

オッシュマンズ恒例の【WET SUITS ORDER FAIR】。期間中はお得な特典も用意されているので、ぜひこの機会を活用してサーフィンライフを充実させよう!

OSHMAN’S WET SUITS ORDER FAIR 2017SS
<期間>
早期受注会/2017年3月17日(金)〜4月2日(日)
スプリングオーダーフェア/2017年4月7日(金)〜5月14日(日)
サマーオーダーフェア/2017年6月16日(金)〜7月16日(日)

<特典>
●オーダー料無料
●友達紹介キャンペーン
オーダー(ウェット)した方に「ご紹介カード」を差し上げ、カードを持ってきた方が
20,000円以上のウェットスーツをオーダーで紹介者に1,000円クーボンをプレゼント(後日郵送)、
友人(購入者)1,000円引き。
チケット配布期間:オーダーフェア開催期間中(3/10〜4/2、4/7〜5/14、6/16〜7/16)
チケット有効期間:2017年 8月31日まで
●早期受注会特典
期間中にウェットスーツをオーダーで通常価格より2000円(税込)引き

話題の革新的な新素材ボード【THUNDERBOLT × Channel Islands】の2モデル

2017.01.07


最新テクノロジーを搭載したサーフボードを次々にリリースしているトンビ社が手掛ける【THUNDERBOLT(サンダーボルト)】と、人気サーフボードブランド【Channel Islands(チャネルアイランズ)】とのコラボにより、また新たなマテリアルを搭載したサーフボードが登場した。

<新マテリアル「TEXALIUM CARBON」とは>
今回、新たなるマテリアルとして採用されたのは「TEXALIUM CARBON(テキサリウム カーボン)」。TEXALIUMとは、アルミを蒸着させたアルミコーティングガラスクロスのこと。ヨーロッパ車のインテリアパネルやスノーボードなどにも採用されている素材で、粘り強くしなやかなフレックスをもつ素材だ。

THUNDERBOLTでは1年前よりこの素材を使ったサーフボードの開発を行い、カーボン素材と組み合わせたハイブリッド構造によるサーフボードを作ることに成功した。

[TEXALIUM CARBON MODEL]は、最適な軽さとフレックス性を実現しながら、PUボードのような粘りのあるフレックスと足裏感を併せ持ち、耐久性のあるサーフボードに仕上がっている。

幅広いレンジをカバーする[MINI TEXALIUM]


ハワイのカリスマサーファー[カラニロブ]と自動車ブランドの[MINI]のコラボモデル。ワイドノーズにロングテール設計で、幅広いレンジのコンディションをカバー。ワイドテールに加えた深いコンケープで回転性もプラスされ、波のコンディションは膝から頭をベースに開発されている。

TEXALIUM CARBONの特性を最大限活かした、どのレベルのサーファーでも楽しめるモデルだ。

ミッドレングスの[THE QUONG TEXALIUM]

ミッドレングスならではの取り回しやすさと、充分な浮力によるテイクオフから走り出しの圧倒的な軽さを実現した[THE QUONG TEXALIUM]。ボードのセンター部分でラウンドし、ノーズ部分で50/50のテーパーに。ナローにすぼまったスワローテールも特徴となっている。

長さからは想像できないほどの軽さなので、女性にもおすすめ。

すでに一部では大きな話題となっている今回の新マテリアルボードは、ぜひ乗り込んでおきたいところ。日本への入荷本数も少量のようなので、早めにチェックしてほしい。

デメリットを見事に解消! オッシュマンズが推奨するDRY SUITS 2モデル

2016.11.24

<着脱性、着心地も向上! 進化し続けるDRY SUITS>

防水性を極限まで高めるようにデザインされたDRY SUITSは、その特性上、着脱のしやすさや着用した際の重たさなど、デメリットとして感じる部分もあった。だが、各ブランドの並々ならぬ努力により様々な工夫が行われ、現在ではそのデメリットを感じさせないモデルが続々と登場している。今回はそのなかでも、オッシュマンズがおすすめするDRY SUITS 2モデルをご紹介。

11月1日より、オッシュマンズ恒例のウェットスーツオーダーフェア内でDRY SUITSを対象とした期間限定キャンペーンを開催。これは期間中にDRY SUITSをオーダーすると、DRY SUITSの修理に使用できるメンテナンス半額チケットが配布されるというもの。ぜひこの機会に賢く購入したいところだ。

<ストレッチベルクロを採用し高い防水性と着心地の良さを実現>

防水ZIPを使用したモデルが主流であったDRY SUITSに、いち早くネックエントリーモデルを提案した【THE RLM RUBBER(ザ・アールエルエム・ラバー)】。同ブランドがさらに動きやすさを損なわず、着脱性を向上させたモデルが[HUDSON NO ZIP AWS]だ。数あるDRY SUITSのなかでも1番完成度が高く、バランスの取れているモデル。


ウェットスーツ業界初となるストレッチベルクロを採用し(特許出願中)、フラップの隙間を全て伸縮性のあるベルクロで固定。そのためフラップの隙間からの水の侵入を極限までシャットアウト可能に。ストレッチベルクロを使用したフラップは防水性が高いためインナーフラップの必要性がなくなり、着脱性、運動性、防水性、耐久性の全てを兼ね備える。


オリジナルのジャバラネックは、首の後ろ側にジャバラ状のカットを入れることで、首を動かしてもドライネックが首に密着。首からの浸水を最小限に防いでくれる。また、体を入れていく場所である開口部分が大きく、無理なく着脱できるので劣化が少なく、耐久性が高くなっているのもポイントだ。

<斜めに配されたファスナーが様々なストレスを軽減>


刀を抜くように斜めに配置された防水ファスナーを備えた、【AXXE CLASSIC(アックス クラシック)】の極寒地向けドライスーツ[CLASSIC NU-GEN ZIP DRY ”KATANA SERIES”]。従来のファスナーは1人で着脱するのが難しく、多くの時間を費やさなければならなかったが、こちらはそのストレスを軽減。また、従来のモデルはファスナーにより左右の腕が繋がった構造になるためパドリング時の運動性が損なわれていたが、それも解消される構造になっている。


左腕のファスナー部分には、パドリング時にファスナーの取っ手が直接ボードと接触するのを防ぐためベルクロ式のプロテクターを採用。ボードはもちろん、ファスナースライダーが痛むのを軽減してくれる。ファスナー開閉時に使用するカラビナ付きの紐も付属される。

温度調節機能素材を使った[OUTLAST]モデルと、蓄熱保温、吸湿拡散機能、防臭、抗菌機能を併せ持つ[Q.D.W]モデルの2タイプを用意。どちらも4mmラジアルソフトブーツが標準装備され、ストレスフリーリストバンドが付属する。

冬のサーフィンライフを快適にするため、日々進化し続けるDRY SUITS。特に着脱性、着心地が向上した、この2モデルをチェックしてみてはいかがだろう。

注目度抜群!【HAYDENSHAPES】のニューモデルをCheck!

2016.10.19


シドニー初の大注目サーフボードブランド

【HAYDENSHAPES(ヘイデンシェイプス)】は、オーストラリア、シドニーで誕生したサーフボードブランド。2014年と2015年には同ブランドの「ヒプト・クリプト」がオーストラリアのサーフインダストリー アワードにてサーフボード・オブ・ザ・イヤーを受賞し、世界中でトップセールスを記録するなど、今最も勢いのあるブランドと言っても過言ではない。

今回、そんな【HAYDEN SHAPES(ヘイデンシェイプス)】から2つのニューモデルがリリースされたので、速報でお届け。

クレイグ・アンダーソンのシグネチャーモデル


【White Noiz FF】はチームライダーであるクレイグ・アンダーソンのシグネチャーモデル。波のどの場所をライディングしていても常に流れるようなカーブを描くことが可能。小波用パフォーマンスボードとなっているが、1〜4フィート(腰〜頭半)の波と考えると、日本のアベレージサーファーであれば充分オールラウンドボードとして使用可能だ。

ノーズとテールの幅が通常のモデルより少し広めてに取られているので、推奨サイズは普段使いのボードより1〜2インチ短いサイズがおすすめ。

シンプルにサーフィンの楽しさを追求したモデル

 

デザインは70年代のシングルフィンにも影響され、シンプルにサーフィンの楽しさを追求した[Plunder FF]。グラブレールやノーズライドをすることも可能で、充分な浮力があるのでテイクオフも早く簡単。インサイドまで乗り継ぐことができるので、波が小さい日でも大活躍してくれる。もともとシングルフィンモデルであったが、今回のモデルではQuad+Single Boxにリニューアル。

幅広いコンディションで、より幅広く楽しめるボードに仕上がっている。

※FFとは
高密度フォームコア、エポキシラミネート、パラボリックカーボンフレームを搭載し、耐久性と優れた反応、スピードを実現するテクノロジー。新品のサーフボードのしなりを長持ちさせ、耐久性に優れた構造になっているのがポイント。

今、注目度が非常に高い【HAYDENSHAPES(ヘイデンシェイプス)】のニューモデル。ぜひとも、実際に手に持ってみて欲しい。

  |次の10件