MEN'S TRAINING

往年のスタイルがたまらない! ハイテクだけどクラシカルな《arena》のトレーニングコレクション

2018.08.23

先日の8月9日〜14日、東京で開催されたパンパシ水泳でメインスポンサーを務めたスイムウェアのトップブランド《arena(アリーナ)》。同社の高度なテクノロジーが使われた水着を着用した選手たちの活躍も目立ったので、スイマーならずとも知っている人も多いのではないだろうか。

今回、そんなアリーナから、同ブランドの代名詞ともいえる〈TEAMLINE〉と呼ばれるラインテープを使ったトレーニンングウェアコレクションが登場した。ハイテクのイメージが強いアリーナから登場した、レトロな雰囲気のコレクション。90年代ファッションが注目を集める今、ぜひ注目したいところだ。

ハイテクの機能性とレトロなスタイルが融合したフーディー&Tシャツ

2種類のメッシュをハイブリッドさせたスリーブレスフーディーとTシャツ。スリーブレスフーディーはオッシュマンズの別注品となる。

前面に杢感のあるメッシュ素材、背面にはストレッチ性と通気性を重視したメッシュ素材という、2つのメッシュ素材をハイブリッドしているのが特徴。汗がたまりやすい肩や背面は特に通気性が高いので、常に快適な着用感を提供してくれる。

洗練されたスリムフィットタイプながら、ストレッチ性も抜群。動きを限定しないので、様々なトレーニング、スポーツに使えるはず。

話題のダンボールニットを使った、コスパ抜群の高機能スウェット

ダンボールのような構造で空気の層を作ることで暖気を閉じ込め、保温性に優れるダンボールニットを使用した高機能ジップパーカ。吸汗速乾性、ストレッチにも優れているので、一度袖を通すと手離せなくなると評判のアイテム。ダンボールニットを使いながら、1万円を大幅に下回る価格設定も魅力的。

高速水着の技術を応用した「スパイラルターン」という立体裁断が採用されており、非常に高い動作性を誇っている。様々な動きに追従してくれるストレスフリーな着用感が◎。

クリーンかつシンプルなデザインだが、アクセントでテッキーなリフレクターが配置されているのもポイント。

上記ジップパーカと同素材を使用したジョガーパンツ。セットアップで着るのもおすすめ。

ショートパンツタイプもあり。タイツなどと組み合わせて使いたい人はこちらをチョイスしたい。

往年の伝統的なスタイルを彷彿とさせるサイドテープ使いに注目!

アリーナの伝統的な「チームライン」と呼ばれるラインテープを、サイドに施したシリーズが今季多数登場している。機能面をしっかりと高めながら、レトロな雰囲気を纏うアイテムに注目したい。

タンクトップにチームラインを落とし込んだオッシュマンズ別注品

アリーナのチームラインをサイドに落とし込んだタンクトップは、オッシュマンズが別注で作った1枚。コットンの優しい肌触りを重視しながら、吸汗速乾性に優れたポリエステルを混紡。クラシカルな仕上がりながら、機能性もしっかりと高められている。4カラー用意されており、ピンクは新宿店とオンライン限定カラー。

往年のアリーナファンにもたまらないチームライン。サイドに落とし込むことで、クラシカルな雰囲気になっているのがポイント。

普段使いもできるロングスリーブタイプもあり

タンクトップ同様のチームラインを袖部分に落とし込んだロングスリーブタイプもあり。トレーニングはもちろん、普段使いとして着用しても問題ないデザイン。

往年のスタイルを彷彿とさせるジャージもおすすめ

チームラインを光沢感のあるジャージに施したジャケットとパンツのセットアップもお目見え。往年のスタイルを彷彿とさせるクラシカルなスタイルながら、スリムなシルエットと吸汗速乾性のある機能素材を使ってアップデート。着用する人を選ばず、末永く愛用できるアイテムだ。

光沢感のあるジャージ素材に映える伝統のチームラインは今見ても新鮮に映る。

ハイテクとレトロ、現代とアーカイブという2つの相反する要素を見事に融合した今回のコレクション。秋のトレーニングシーズンも間近なので、ぜひワードローブに加えてはいかがだろう。


PROFILE
木村 善英

木村 善英

担当 … MEN'S FITNESS TRAINING,RUN
OSHMAN'S 歴 … 21年
好きなもの … プレッピー
好きなスポーツ … トレーニング

東はNEW YORKのRUNNING STYLE,西はL.A.のYOGA&FITNESS STYLEのアメリカ最新のトレーニングスタイルをお手本にタイムラグなしに採り入れOSHMAN`S流にブレンドさせ、TOKYO METRO TRAINING STYLEとして提案していきます。

紹介アイテム

最近のBuyer's Select