MEN'S WEAR

【Men’s】海に、キャンプに、日常に! 毎シーズン1枚はゲットしておくべき《Patagonia》のバギーズ・ショーツ

2018.05.10

《Patagonia(パタゴニア)》のバギーズ・ショーツといえば、夏の大定番としてロングセラーを続ける大人気ショーツ。暑くなり始めたらとりあえず1枚買っておくというリピーターも存在し、オッシュマンズにおいてもサイズや柄によっては早々に完売してしまうこともあるのだとか。

一番の魅力は、やはりその万能性にあり。水着としてはもちろん、キャンプに、フェスに、ランニングに、さらには普段着としてとにかく夏中穿き倒せるので、何はなくともとりあえず1枚はゲットしておくべきアイテムなのだ。

素材は丈夫なサプレックス・ナイロンを使用し、速乾性のあるメッシュライナーを備えているのが特徴。UPF50+のUVプロテクション機能に加え水抜けも抜群なので、夏に重宝されるのも頷ける。

ちなみにバイヤーもバギーズ・ショーツ愛用者の1人。毎シーズン必ず1枚は買い足しているという。

「Tシャツ同様、夏になると必ず1枚は買っています。普段着として着用する時にメッシュライナーが邪魔になるのでは!? と心配している人もいますが、僕も毎年穿いていますがほとんど気になりませんし、むしろ涼しさに一役買ってくれています。雨に濡れる可能性があるフェスの時は下着を穿かずにそのまま着用しています。とにかくコストパフォーマンスが高いので、カラーや柄に挑戦しやすいのも魅力だと思いますね」

5インチと7インチ、どちらも捨てがたい!

バギーズ・ショーツで悩むのが又下の長さ。バギーズ・ショーツ(5インチ=股下13cm)とバギーズ・ロング(7インチ=股下18cm)が用意されており、その差が5cmながら見た目、着用感共にかなり異なってくるのだ。

左がバギーズ・ショーツで、右がバギーズ・ロング。バギーズ・ショーツは腿丈で、バギーズ・ロングが膝上丈。好みの問題にはなってくるが、アウトドアなどアクティブなシーンで穿くことが多いならショート、普段穿きメインならロングをおすすめ。

バギーズ・ショーツ、今季は定番カラーに加え柄ものも狙い目!

今季、バギーズ・ショーツは定番カラーに加え夏気分が加速する柄ものもラインナップ。単色が8カラー、柄ものが3カラーの計11カラーが揃っている。

Tシャツ感覚で買えるコスパの高いアイテムなので、思いきって柄ものに挑戦してみるのもあり!

バギーズ・ロングは定番の単色を狙いたい!

より普段使いしやすいバギーズ・ロングは5カラーがラインナップ。どれも合わせるアイテムを選ばないカラーリングで、普段穿きもしやすそう! バイヤーのおすすめはパープル。

とにかく1枚持っておいて間違いないPatagoniaのバギーズ・ショーツ。カラーやサイズも豊富に揃っているが、大人気品のためアイテムよっては欠品も考えられるので、ぜひ早めにチェックしておきたいところだ。


PROFILE
斉藤 淳史

斉藤 淳史

担当 … メンズウェア バイヤー
OSHMAN'S 歴 … 19年
好きなもの … ファッション、音楽、かっこいいモノ、楽しい事
好きなスポーツ … スポーツに限定するならスノーボード、山遊び&外遊び

アメリカのスタイルやトレンドを、OSHMAN'Sのフィルターを通して紹介。スポーツ・アウトドアを日常にとり込んだライフスタイルに密着したコーディネートの提案を心がけてバイイングしています。トレンドアイテムから世代を超えて愛される定番アイテムまで、様々なブランドと別注アイテムをつくり、OSHMAN'Sでしか手に入らない商品をどんどん提供していきます。

紹介アイテム