【NEW ITEM】NIKE / ZOOM FLY FLYKNIT

2019.02.06

こんにちは。新宿店シューズ担当の坂下です。先日、NIKEより、話題のランニングシューズが入荷しましたので、早速紹介いたします。

2018年9月ベルリンマラソンで『2時間01分39秒』世界最高記録のタイムで連覇したエウリド・キプチョゲ選手が、その1年4ヶ月前、2017年5月に人類が42.195kmで2時間を切るプロジェクト『Breaking 2』と題したNIKE主催の実験でテスト走行に参加、イタリアのあるサーキットで科学者やデザイナーを招集し、最先端の技術を屈指した『ZOOM VAPORFLY ELITE』を着用し非公式ながらも『2時間00分25秒』という驚愕の記録を出し世界中を驚かせました。世界を驚かせた名機『ZOOM VAPORFLY ELITE』をベースに市販向けに開発された『ZOOM VAPORFLY 4%』も多くのアスリートが着用し様々な大会で露出され『あのオレンジのランニングシューズが』と話題を集めました。
特に日本では、2018年10月に開催されたシカゴマラソンで大迫傑選手が同モデルを着用し、日本新記録の『2時間05分50秒』を樹立。
さらに2019年の箱根駅伝では、23校230人の選手のうち95人もの選手がNIKEの同モデルを着用し区間新が連発。さらにメンバー全員が同モデルを着用した大学が優勝するなど大学駅伝にも影響を与え、日本のリアルタイムでその凄さを伝えるニュースが連日報道されNIKEのランニングシューズの認知度はランナーだけでなくランニングファンや多くの人々を驚かせる事になりました。
そんな話題の『ZOOM VAPORFLY 4%』をより一般のランナーに体感して頂ける為にNIKEが開発したさらなる市販モデル『ZOOM FLY』が誕生、昨年にはさらなるアップデートを施した『ZOOM FLY FLYKNIT』が発表され、シーズンニューカラーの登場しました。『ZOOM FLY シリーズ』の代名詞といえばミッドソールに搭載されているカーボンです。このカーボンの発想こそが革新的なランニングシューズの誕生につながっています。着地時にカーボンがしなる事で足をより前へ押し出す飛躍的なストライドを実現します。その為『ZOOM VAPORFLY 4%』との差別化を図り、元々はカーボン混ナイロンプレートが採用されていましたが前作より『ZOOM VAPORFLY 4%』と同様のカーボンプレートにアップデート。さらに前作から同様、アッパー素材に『FLYKNIT』を採用する事で抜群のフィット性、伸縮性、通気性、そして軽量性を提供してくれます。さらにミッドソールにREACT FORMを搭載する事で驚愕の耐久性を兼ね備える事に成功しました。
自分史上最速を出せる可能性を秘めたランニングシューズを是非、ご自身のお足元で体感して下さい。


PROFILE
シューズ担当 坂下 宏文

シューズ担当 坂下 宏文

所有するスニーカーは300足。スニーカーカルチャーへの飽くなき探求心は未だ衰えません。多くのお客様にスニーカーを好きになっていただけるよう、日々精進しています!

店舗情報

Tel.

営業時間: